D-Kompas

実力を確かなものにするための新しい取組み

D-Kompasとは

「大高という名のコンパス」という意味。Kompasとはオランダ語で「羅針盤」のことです。大野高校のルーツでもある幕末の大野藩校「明倫館」では他に先駆けてオランダ語を学び、最新鋭の様式帆船「大野丸」で北海道と交易を行いました。その「進取の気象」の精神を受け継ぐよう、校歌にもメッセージが込められています。価値観が多様化したこれからの社会において、様々な課題を抱えながら生きる現代の高校生たちは、自ら進むべき道を見つけ、自らの力で進んでいくたくましさを身につける必要があります。大野高校は生徒たちにとって、道を見つけたときや、道に迷いそうになったときの「Kompas」でありたいと思い、新しいキャッチフレーズとして掲げました。

→ D-Kompas紹介ムービー Youtubeへ

D-Kompas 大野高校ができること

  1. 一人ひとりがやりたことができる環境を整える
  2. 基礎・基本的な能力を身につけさせる
  3. 自ら考え探究する力を見につけさせる